90年代のあの熱狂をその胸に♥

BSM

「アンプリファイア」のBSM別注Tシャツ

90年代を駆け抜けたロックレジェンド
X JAPANが解散した翌年、1998年5月に33歳の若さで亡くなったhide。歴史が物語るように、天才的ミュージックスターの人気絶頂期の劇的な死は、その在りし日の存在が伝説と化す。筆者は特別hideファンであったワケではないが、当時の彼のパフォーマンス、存在感は否応無しに注目せざるを得なかった。何故ならそれは他の誰の真似でもない、“オリジナルな存在“だったから。
今、世界的に“90年代”がキーワードだ。それはまさに90年代を一気に駆け抜けたhideの強烈な個性が、巡り巡って“今の時代”にフィットしていることに通じる。だから今の若者がhideが作り上げたスタイルを見たら驚くと思う。20年前にこんなぶっ飛んだロックスターがいたのか!? と。そんな敬意も込め、これまでにリリースされたhideの写真集から2枚を厳選し、この度20thメモリアルの一環としてBSM限定にて発売させて頂くことに! 日本が誇るロックアイコンは、胸の中で永遠に生き続けるのです。

滲み出る狂気と色気こそロックアイコンたる所以
ビキニのオネーちゃんを従え、明らかに夏のプールサイドでありながら、ブラックスーツにレザーグローブというCOOLすぎる佇まいが強烈なポートレート。がしかし、不思議と違和感を感じさせないのが、hideのトレードマークであるピンクヘアーとジェンダーレスな存在感の成せるワザ。ここ日本で、hideに続くこんなロックアイコンの登場は果たしていつになるのか?

Tシャツ ¥6,296/アンプリファイア(ザ・ブラックセンス・マーケット)、サングラス¥42,000/クリスチャンロス(クリスチャンロス)

もう1枚は有名なこのポートレート。ヒョウ柄のテンガロンハットに同じくヒョウ柄ビッグフレームのサングラス、そしてタバコ。カッコ良すぎです! Tシャツ¥6,296/アンプリファイア(ザ・ブラックセンス・マーケット)

photo by HIDEO CANNO(CAPS)

購入はこちらより!


https://market.blacksense.jp/products/detail.php?product_id=505


https://market.blacksense.jp/products/detail.php?product_id=506


https://market.blacksense.jp/

photography by SHIRO KATAGIRI (TROLLEY/model), TOYOAKI MASUDA (still)
styling by TETSUO KITAHARA
hair & make-up by HIROKI (W)

2018.05.10

No.1 /

RELATED TOPICS