ジャンルを超えたストリート

BALLY × SENSE

カルチャーと音を感じるプロジェクトが始動!

ウェアラブルアート、アートを纏うということ。音楽プロデューサーのスウィズ・ビーツが、
プロデュースし、バリーとアーティストSHOK-1による限定コラボが誕生した。
バリー史上最もストリートとも言える本コレクション。その全貌が、ここに明らかに。

より魅せる存在へ変える
ストリートアートの力

音楽プロデューサーにして企業家のスウィズ・ビーツが、今限定コラボで目をつけたのは、イギリスストリートアートにおける第一人者SHOK-1。かねてより彼の作品に精通するビーツは、彼の代表的な表現であるX線アートに着目。バリーとともに、そのX線アートをバッグやスニーカーなどへ、大胆に、そしてアイコニックにプリントでデザインした。

ブルゾン¥73,000、パンツ¥56,000、バッグ¥105,000/以上バリー(バリー 銀座店)

今コラボから見える
アートへの期待と展望

10/10(水)にローンチする今回の限定コラボコレクション。かねてよりアーティストのクリエイティビティとの深い関わりがあるバリーは、今後もアーティストへの創作の場を提供する取り組みを継続予定。ストリートへと傾倒する、昨今のファッション。バリーとアートとの密接な関係が、シーンにどんな影響を及ぼすのか、実に興味深い。

スエット¥56,000、パンツ¥40,000、バッグパック¥200,000)/以上バリー(バリー 銀座店)

photography by JUNJI HIROSE (model), TOYOAKI MASUDA (still)
hair & make-up by MAKOTO ( juice) text by MASAFUMI YASUOKA

2018.10.10

VIDEO / /

RELATED TOPICS