平成最後の大晦日。LANVIN COLLECTIONが
東京でコレクションを発表

アマン東京のカウントダウンパーティを盛り上げたLANVIN COLLECTIONの新作

去る12月31日、平成最後の大晦日を迎え多くの人たちが平成を振り返り、次なる年に期待を膨らませた一夜を迎えました。
そんな中、ラグジュアリーホテル「アマン東京」では盛大なカウントダウンパーティが行われました。
パーティをサポートしたラグジュアリーブランド「LANVIN」は、セカンドライン「LANVIN COLLECTION」の新作展示を行い、パーティを盛り上げました。

2019年に創業130周年を迎えるLANVINの新作は、原点回帰したロゴモチーフでスポーティかつイマドキなラグジュアリー・スポーティを展開した。そのセカンドラインに位置するLANVIN COLLECTIONにおいても、ブランドの持つ伝統と革新をテーマにコレクションを展開しました。

あくまで、大人達にフォーカスしたコレクションは、スポーティやストリートに通じるものの、上品かつエレガントなムードを漂わせている。しかも今シーズンはブランド初となるメンズとレディースで共通のグラフィックを使用したアイテムも展開されたのです!
平成最後に新たな試みを実施するあたり、ブランドの革新的なチャレンジ精神は伺えます。

レディースでアイコンモチーフとして使用されるモノグラムのジャカード生地は、メンズではショーツやフーディのフード裏に採用され、新作のロゴはカットソーやシャツなど様々なメンズ・レディースアイテムに登用されました。

とりわけ会場で目を惹いたのが、トルソーにかけられた4体のコーディネート。
ホワイトを基調としたレディースのルックは、落ち着いた色の中にシャイニーなカラーでエレガント&エッジーなアクセントをプラス。対照的にブラックやグレーといったダークトーンのセミフォーマルな佇まいを見せるメンズは、インナーや小物にブルーやホワイトで挿し色を用いて爽やかさをアピール。ラフな抜け感を残しつつもシンプル&ラグジュアリーであることに固執する、ブランドのプライドを感じる4体を披露しました。

同イベント内で行われた音楽イベントでは、ボーカリスト&トランペッターのスキップ・マーティン、DJドナエスといった有名アーティストがパフォーマンスを披露した。演者であるアーティスト達はそれぞれ、LANVIN COLLECTIONの新作を身に纏いカウントダウンを盛り上げ、会場も最高潮のまま平成最後の大晦日の幕を閉じるに至ったのです。

そして2019年。ストリート&スポーティの人気が続く中で、要素は取り入れながらも“大人のエレガンス”にこだわったコレクションを展開したLANVIN COLLECTION。イマドキの大人に相応しいネクストトレンドを予感せずにはいられない! ならばと、先取りしたくなるのが、ファッショニスタたる諸兄の性ではないでしょうか。

LANVIN COLLECTION
Official Instagram
https://www.instagram.com/lanvincollection/

Men’s Official Web
https://www.mens.lanvin-collection.com/

Ladies Official Web
https://www.lanvin-collection.com/

2019.01.28

FASHION /

RELATED TOPICS