華のある大人には、トゲもある

今目指すべき、男の在り方がここに!

「エトロ」のコレクションに身を包んだ大柴裕介の存在感は、ただそこに佇むだけで、日常的な街角を映画のワンシーンに変える。いくら歳を重ねても、丸くなるつもりはない。地味でつまらないスーツも、着るつもりはない。心が踊るか、踊らないか、ただそれだけだ。

 

男の本質が問われる普遍のスタイル

男のファッションの中で、一番センスを問われるスタイルが、他でもない。スーツスタイルだ。ビジネスシーンはもちろんだが、むしろ普段着として、遊び心のある趣味の良いスーツを着こなしている男のほうが、断然色気がある。ボルドーカラーのリネンスーツと、同系色のスタンドカラーシャツ。この組み合わせさえあれば、どこへだって行ける。

ジャケット¥169,000、シャツ¥53,000、パンツ¥59,000、ポケットに入れたサングラス¥40,000、ベルト¥46,000、シューズ(参考商品)/以上エトロ(エトロ ジャパン)、その他私物

 

着崩しに持ってこいなカラフルニットジャケ

ジャカードで幾何学模様のストライプ柄を表現した、クラフト感漂うニットジャケット。背抜きのライニングには、メキシコをイメージしたプリント。ニット素材特有の、ボディラインに優しく馴染むシルエットが、エフォートレスなカジュアルコーデに良く馴染む。ジャケットにはあえてのロゴスエットを合わせ、大人の余裕を見せつける。

ジャケット¥183,000、スエットシャツ¥59,000、デニムパンツ¥93,000/以上エトロ(エトロ ジャパン)

 

華のある男は知っている、ワンマイルウエアの正解例

ふらっと出かけるワンマイルウエアだからこそ、色気を感じる上質なデザインのものでなければ意味がない。華のある男には、パジャマのようなくたびれたスエットパンツは似合わないのだ。プラスチックボトルから再生された、ポリエステル素材を使用したジップアップパーカに、砂漠の色からインスパイさされたジョギングパンツをスタイリング。

ブルゾン¥173,000、Tシャツ¥53,000、パンツ¥106,000、サングラス¥40,000、スニーカー¥69,000/以上エトロ(エトロ ジャパン)その他私物

 

こなしに格段の差が出るペイズリージャケット

まるで万華鏡のようにシンメトリーなペイズリー柄を全面にプリントしながら、ダークなネイビートーンで上品に仕上げたウールジャケット。襟裏には小紋柄、ライニングにはマルチストライプを採用しており、さり気ないディテールにも華やかさを忘れない。ジャケットに合わせたダークな色味ではなく、あえてスカイブルーのパンツでフレッシュに。

ジャケット¥26,0000、シャツ¥66,000、パンツ¥56,000、シューズ¥86,000/以上エトロ(エトロ ジャパン)、その他私物

 

ストリートに咲くジャカードの華

メキシコからインスパイアされた柄を全面に施した、インパクト溢れるジャカードブルゾン。スケートカルチャーを通ってきた大人であれば、パンチのあるコーチジャケットとして解釈することで、着こなしの幅をストリートレベルにまで広げられる。ラグジュアリーなアイテムを一点取り入れるだけでも、スタイリングは大幅にアップグレードされる。

ブルゾン¥460,000、シャツ¥49,000、パンツ¥106,000/以上エトロ(エトロ ジャパン)、その他私物

 

男のリアルクローズの行き着く所にスーツあり

チェックスーツはビジネスシーンでも使えるが、合わせるアイテムによっては普段着としても活用できる。インナーに色気のあるペイズリー柄のクレリックシャツを合わせれば、格式を感じるチェックスーツとのコントラストによって、モダンな男性像が浮かび上がる。足元にも華のあるスリッポンを添えて、粋なイタリアンスタイルを気取りたい。

スーツ¥390,000、シャツ¥53,000、サングラス¥45,000、ベルト¥46,000、シューズ(参考商品)/以上エトロ(エトロ ジャパン)、その他私物

 

エトロ ジャパン 03-3406-2655/www.etro.com

photography by KIYOTAKA HATANAKA(UM)
styling by MASAAKI MITSUZONO(UM)
hair & make-up by MASAKI TANIMORI(W)
edit & text by SHINGO SANO

2020.03.09

FASHION/VIDEO /

RELATED TOPICS