番外編 Brand Pick-Up「クライミー」のダメージブラック

photography by JUNJI HATA (model), TOYOAKI MASUDA (still)
styling by RYO KURODA
hair & make-up by MAKOTO (juice)
text by MASAFUMI YASUOKA

ことデニムに関しては、ドメスティックブランドの見識の深さ、技術力の高さは世界を凌駕する。クライミーが今シーズンリリースした渾身の新作デニムを見れば、それは明らかだ。

超絶、過激、圧倒的
そんな言葉を並べたくなる

¥72,600/クライミー(クライミー 六本木ヒルズ店 パワードバイ ガーデン トーキョー)

実に壮絶な加工。スーパークラッシュ ボーンフリー ストレッチ セルビッジデニムとは、まさに言い得て妙だ。その当て布部分の多さは、もう1着重ね着していると言っても過言じゃない。生地と加工は、世界的なデニム生産地であり屈指の技術を誇る岡山で。

<Detail>
岡山のファクトリーで織り上げた赤耳仕様のセルビッジデニムに、大胆に加工を施す。見た目は実にワイルドだが、ポリウレタンをブレンドすることで、ストレスのない着心地も両立する。

もはやアートとさえ
思わせる唯一無二感

¥63,800/クライミー(クライミー 六本木ヒルズ店 パワード バイ ガーデン トーキョー)

こちらはジーンズ版で、セットアップでの展開となる。生地も加工も、同じく岡山産。スリムストレートとあってシルエットこそ洗練されるが、その激しすぎるクラッシュ&リペアが、ロックな過激さを主張する。それもすべて、熟練の職人による手作業の賜物だ。

<Detail>
レザーパッチは武骨な黒。リベット補強されたバックポケットには、メタル製のピスネームとタグがデザインされる。スリムストレートとともに、コンパクトなヒップ周りが美脚に見せる。

シンプルかつストレート、
だからどんなデニムも受け入れる

Tシャツ¥11,000、サングラス¥14,080、キーホルダー¥418,000、ベルト¥15,400、ブレスレット¥70,400、ブーツ¥72,600/以上クライミー(クライミー 六本木ヒルズ店 パワード バイ ガーデン トーキョー)

超過激なGジャン&ジーンズのセットアップに、無駄な装飾を施したTシャツなど必要なし。こんなシンプルなロゴプリント物で十分。合わせるブーツや小物も、黒に徹するのが正解だ。そもそも、シンプルなデザインに定評があるクライミーのTシャツラインナップ。それでいてオリジナルのコットン生地は、心地良さと耐久性を備える。そのあくまでも質実な感じを、胸に記したインダストリアル感溢れるプリントが示している。

デニムにおける表現の無限大さを1発で実感

パンツ¥63,800、Tシャツ¥11,000、ジャケット¥72,600、サングラス¥14,080、キーホルダー¥418,000、ブレスレット¥70,400、ブーツ¥72,600/以上クライミーパワード バイ ガーデントーキョー(クライミー 六本木ヒルズ店 パワード バイガーデントーキョー)

クライミー
デニムのセットアップだけでも十分オトコ心をくすぐられるが、この激しすぎるクラッシュ加工となればなおさらだ。ヴィンテージ、ロック、そして黒である場合、そのスリムなシルエットも相まって、ともすればモードな香りさえ漂う。これこそ、デニムの奥深さ。

<Detail>
ロックに着こなすなら、こんなレタリングTシャツがいい。ブランドのスローガンを記したこの1枚は、オリジナルのコットン生地が着込むほどに味わいを増す。その風合いをいち早く楽しみたい人には、ヴィンテージな風合いを再現したオーバーダイタイプを。