SUPERIOR IMBALANCE「バレンシアガ」

photography by JUNJI HIROSE
styling by RYO KURODA
hair & make-up by MASAKI TANIMORI (W)
text by MASAFUMI YASUOKA

もはや単なるラグジュアリーという枠組みから逸脱し、独自性を強めた提案を披露する「バレンシアガ」。そのベーシックにして異質なデザインを、バッグとの関係性も含めて見ていきたい。

単に回帰で終わらない
進化するストリート

ブルゾン¥381,700、パンツ¥152,900、バッグ“アーミー L ベルトバッグ”¥108,900、ベルト¥88,000/以上バレンシアガ(バレンシアガ クライアントサービス)

厚手にパディングされたN-2B系アウター。ある意味原点回帰と言えるそのボリュームシルエットに対して、フードにはヴィヴィットなイエローのフェイクファーが。色落ちしたインディゴデニムのカーゴパンツとのコーデは、実に90’s的だ。そんなコーデに合わせたのは、アーミー L ベルトバッグ。ベルトがタフさを誇示しつつも、素材はリサイクルナイロンでエコ。

ヒネリと大胆さで作る
他にはないスタイル

Tシャツ¥108,900、パンツ¥94,600、キャップ¥47,300 ※参考色、バッグ“ネオ クラシック M トップハンドルバッグ”¥269,500、ブーツ ※参考商品/以上バレンシアガ(バレンシアガクライアントサービス)

再びのブームを迎えている古着。この1枚は、そんなイマドキに刺さる。プリントされるのは、アメコミの名作インクレディブル・ハルク。フェイクレイヤードされたシャツ地の袖が、ギークな感じと似合う。合わせたのは、ハイヒール&ポインテッドトゥブーツに、リサイクルナイロン製のネオ クラシック。このルール無用な感じこそ、今のバレンシアガなのだ。

重さと軽さのバランスは
今、ここが一番上手い

ジャケット¥600,600、Tシャツ¥103,400、パンツ¥94,600、スカーフ¥79,200、バッグ“ バルベス L E-W ショッパーバッグ”¥189,200 ※ショルダーストラップ付き、ソックス ※参考商品、スニーカー“ランナー”¥128,700 ※予定価格/以上バレンシアガ(バレンシアガ クライアントサービス)

シボの入ったフード付きのシアリングジャケット。オーバーサイジングなその1着に、お馴染みのカモフラ柄を配したフリース地のポケット付きスカーフを。スエットパンツも含めて、全体的にルーズにまとめる中、トートバッグは重厚感のあるレザーを。とはいえ、武骨ではなくあくまでストリートなラフさでまとまるのが、ここが今ずっと人気な理由。

何周も回った結果
こんな組み合わせもアリ

フーデッドTシャツ¥103,400、パンツ¥94,600 ※参考価格、キャップ ※参考商品、ブーツ ※参考商品/以上バレンシアガ(バレンシアガ クライアントサービス)

インクレディブル・ハルク同様、このカレッジエンブレムをモチーフにしたフード付きTシャツも、実に古着的だ。しかもドロップショルダーのルーズ感は、90年代ストリートな空気を醸し出す。そこに、スエットパンツをインしたハイヒールブーツを合わせる。ゴールドのバックルとともに色気を誘うが、その鋭いトゥとヒールにはロックな過激さも。

退屈さなど微塵もない
攻めのリラックス

ニット¥174,900 、パンツ¥152.900、バッグ”バルベス L N-S ショッパーバッグ”¥158,400 ※ショルダーストラップ付き、ブーツ※参考商品/以上バレンシアガ(バレンシアガ クライアントサービス)

オーバーサイジングのニットは、ローゲージ&チルデン的な深いVネックと相まって、リラックスした雰囲気に。と思いきや、トラックジャケットをフェイクレイヤードする仕掛けが。合わせたライトベージュのデニムカーゴパンツも、ジップによってショーツに変化。ビブラム社のファイブフィンガーズとコラボしたブーツ然り、やはり普通じゃ終わらない。

単に崩すだけじゃなく
既存との対比を強調

ジャケット¥337,700、シャツ¥145,200、タンクトップ¥47,300 ※参考素材、パンツ¥94,600、ブーツ※参考商品/以上バレンシアガ(バレンシアガクライアントサービス)

オーバーサイジングでの提案を、最も印象づけるのがこのジャケット&シャツだ。テーラリングの再構築を、極端なまでのワイドなシルエットで表現。ラペル幅も実に広い。それでいて、ジャケットには構築的な肩パッドを施し、シャツとともにチェック柄を採用。あくまで表情は伝統的なクラシックに収まっているが、サイジングは実にイマドキなのだ。

極端といえば極端だが
不思議と収まりがいい

ブルゾン¥381,700、タンクトップ¥47,300 ※参考素材、パンツ¥152,900、ストール¥104,500※参考色、ベルト¥88,000、スニーカー“ランナー”¥128,700 ※予定価格/以上バレンシアガ(バレンシアガ クライアントサービス)

厚手にパディングされたN-2Bタイプのジャケット。合わせたのは、同じく厚手にパディングされたビッグストール。インディゴデニムのカーゴパンツとともに、オーバーすぎるサイジングに当ブランドらしさが漂う。ストリートという感覚が当たり前になった今、このスタイリングのように他より頭抜けている独自性こそが、逆にカッコいいのだ。

攻めのスタイルを
社会的責任とともに

トラックジャケット¥214,500、パンツ¥152,900、キャップ¥56,100、ストール¥104,500 ※参考色、イヤーカフ¥39,600、ピアス¥93,500、バックパック“ アーミー M マルチキャリー バックパック”¥149,600、ブーツ ※参考商品/以上バレンシアガ(バレンシアガ クライアントサービス)

ストールは右と同様。ここではオーバーサイジングのフリースジャケットに合わせてみる。その手には、リサイクルナイロンを使用したアーミーマルチキャリー バックパックを。ウェビングテープにミリタリーなタフさを滲ませつつ、素材はエコ。実はこの冬シーズン、バレンシアガで扱う無地とプリント生地の9割が、サスティナブル認証を受けている。