このブランドでしか表現できない! ザ・ブラック・アメカジ「CRIMIE」

photography by TOYOAKI MASUDA
text by MASAFUMI YASUOKA

待ちに待ったレザーのシーズンがやってきた。折しも今年は、武骨なアメカジが人気を復活。とはいえ、「クライミー」にとっては、いつも通り最高のレザーアイテムをリリースするだけだが。

DIAMOND QUILT
LEATHER DOWN
JACKET

ここにおけるダウンは
野暮ったさとは無縁

¥143,000(クライミー 六本木ヒルズ店 パワード バイ ガーデン トーキョー)

素材はラムレザー。薄く、柔らかくなめした同レザーによってキルティングされるのは、上質なグースダウンだ。その相乗効果により、温かさは抜群。厚みのあるリブ襟も、それを後押しする。それでいて、シルエットはダウンにありがちなボリューム感を抑制。意外にもすっきりとした着姿を楽しませる。もちろん、軽さも。バイク乗りの冬に、最適な1着だ。

袖先には、マチ付きのジップを採用。グローブをはめる時には、袖先をタイトにできる。裏面にはステッチは出ない。滑りの良い生地は、もたつきがちな冬コーデにおいては実に嬉しい限り。

ALPACA AWARD
CONCHO JACKET

定番のスタジャンから
頭一つ抜けた素材使い

¥121,000(クライミー 六本木ヒルズ店 パワード バイ ガーデン トーキョー)

通称ファラオコートとも呼ばれる、いわゆる着丈の長いスタジャンだ。注目はボディ。メルトンではなくN-1デッキジャケットのライナーでよく見る、アルパカ製のボアを使用しているのだ。それも、毛足が長く繊細、そして柔らかなベビーアルパカを。コンチョボタンとキルトステッチが武骨さを示しつつも、そのボディの質感が高級感を醸し出してくれます。

ライニングにはアクリルファーを。化繊だが、その繊細なタッチは実に心地いい。もちろん、保温性の高さにおいても魅力ありだ。フロントのコンチョボタンが、アメリカンな空気を主張。

LAMB LEATHER
RIDERS

ダブルは重いという概念を
否定した軽量仕立て

¥121,000(クライミー六本木ヒルズ店 パワード バイ ガーデン トーキョー)

スタンドカラータイプのダブルライダース。ベル型ジップの採用にタフな空気感を漂わせるも、素材にはラムを使用。薄くなめされた同レザーは、その見た目とは裏腹に着心地は最上。フロントの合わせも、ダブルというよりワン&ハーフといったところ。シングルに近いミニマルな雰囲気も覗かせる。今この時季に着るには、まさしく打ってつけのライダースだ。

サイドにはアジャスターベルトも。マット仕上げのメタルバックルが、あくまでタフであるとアピールする。滑りの良いライニングによって、Tシャツの上から気軽に羽織ることが可能。

STRETCH
TRACK PANTS

レザーパンツは窮屈だ
そんな理屈は通用しない

¥99,000(クライミー 六本木ヒルズ店 パワード バイ ガーデン トーキョー)

その名もストレッチ・トラックパンツ。とはいえ、素材はジャージーじゃない。あくまでレザーにこだわった。極薄くなめしたラムレザーを採用することで、レザーながらストレッチ性を確保。シルエットは細身だが、その柔らかなレザーやギャザーウエスト、そして立体的なパターンにより、穿き心地は実に快適だ。こんなレザーパンツなら、一年中穿いていたい。

バックポケット上には、ロゴを刻印したメタルプレートをデザイン。フロントポケットにはジップを配し、さらにメタルDカンを備えた点など、実用的なディテールにも注目したい。

MOUTON
RIDERS JACKET

古き良きアメカジ顔にして
いざ着ればイマドキ感も

¥264,000(クライミー 六本木ヒルズ店 パワード バイ ガーデン トーキョー)

アメカジ再燃、それもかつて馴染んだ土クサさが求められている今、気になるのはこんなヤツ。ミリタリーが出自であることに敬意を示しながら、着丈を長くし、さらにややオーバーサイズにすることで、今の雰囲気も取り入れた。それでも、2本使いのチンストラップベルトなどに、相変わらずのタフさは残すが。ムートンならではの温かさは、言うまでもなし。

裏面のボアは実に繊細で、ラグジュアリー感もにじませる。バックルはマット仕上げ。随所に武骨さを残すが、とはいえ革自体は実にしなやかで、オーバーサイズと相まって着用感は軽い。

TYPE A-2
LEATHER JACKET

武骨さはそのままに
ミリタリーを洗練顔に

¥121,000(クライミー 六本木ヒルズ店 パワード バイ ガーデン トーキョー)

レザー系フライトジャケットの王道であるA-2も、ブラックでならここまで洗練される。素材はラム。定番のホースハイドと比べ、格段に軽く、こちらも柔らかい。襟をコンパクトにし、袖先もリブではなくスナップボタン仕様に。ジャストサイジングも然り、大型のフラップ付きポケットに武骨さを残しながらも、随所に洗練さをにじませる。ボタン類もマット仕上げだ。

ライニングも全て黒で統一。唯一、ポケットに配したメタルプレートが絶妙なアクセントに。袖先をスナップボタンによるカフ仕様にすることで、いかにもなミリタリー感を回避している。