編集長守谷が選んだ! EMPORIO ARMANIで今、気になるモノ

photography by JUNJI HIROSE (model), TOYOAKI MASUDA (still)
styling by SATOSHI MORIYA
hair & make-up by MAKOTO (juice)
text by SATOKO HATAKEYAMA

洗練された小気味いいシェイプと、都会的でクールな佇まいはそのままに、よりリラックスした心地良さを追求した今シーズンのEA。自身もより快適なスタイルにシフトしつつある編集長・守谷が、推しのルックを厳選!

PICK-UP ITEM: 1
DOWN JACKET

「メタリックな光沢と
絶妙な丈感に惹かれて」

ダウンジャケット¥84,700、フーディ¥41,800、Tシャツ¥28,600、パンツ¥41,800、ブーツ¥48,400/以上エンポリオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン)

「スエットのセットアップにアウターを羽織るスタイリングは、ダークトーンで合わせれば、大人のストリートスタイルが即完成。ハーフジップのフーディとパンツのセットアップは、ベルベット調の素材感も好みで、ダウンジャケットのメタリックな光沢とのコントラストもとても今っぽい。ダウンジャケットはなんといっても着心地が軽くて、コンパクトな丈感なのがいい。足元は今なら、ちょい重めのサイドゴアブーツで締めるのが気分」。

PICK-UP ITEM: 2
TEXTURED SET-UP

「人気のベアTを主役に
ギャップ感を演出!」

ブルゾン¥94,500、Tシャツ¥23,100、パンツ¥62,700、スニーカー¥33,000/以上エンポリオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン)

「スーツほど堅苦しくなく、ほど良いきちんと感をスタイリッシュに演出してくれるのがセットアップの大きな魅力。独特な凹凸が目を惹く3Dジャカードジャージーのブルゾン風ジャケットとパンツもまさにそんなアイテムで、セットアップで着てこそ、その個性が映えるというもの。各アイテムはストレッチが効いているので、ノーストレスな着心地なのもいい。インに合わせるTシャツで遊んだり、スニーカーをアクセントにするのもオススメ」。

PICK-UP ITEM: 3
BEIGE SET-UP

「ベージュのワントーンで
心地良さを強調」

コート¥253,000、パンツ¥62,700/ともにエンポリオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン)

「よりリラックスしたシルエットに重きをおいた今季のEAは、アウターもヘビーすぎず、軽やかで機能性のあるものが充実している。ドロップショルダーのベージュのハーフコートは、表面がややメランジ調の落ち着いた風合いで、ヘアリーなボアのライニングの柔らかな暖かさが心からホッとできる一着。やはりこれも同系色のパンツを合わせて、セットアップ風に着こなしたい。インはTシャツでもいいけれど、ここはぐっと大人なプルオーバーを合わせたい」。

ファーのような肌触りのライナーは着脱可能。外せば春先まで着られるのも嬉しい。

編地でボーダーをあしらったテクニカルな一枚。プルオーバー¥38,500/エンポリオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン)

PICK-UP ITEM: 4
DENIM SET-UP

「イタリアンブランドの
本気を感じるデニム」

ジャケット¥168,300、パンツ¥66,000/ともにエンポリオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン)

「軽くて脱構築的、まるでモダンなナポリのスーツを彷彿とさせるようなセットアップは、リジットのデニムのようなルックスがかなりのインパクト。テクノデニムというエフェクトを用いた素材で、かすかな光沢感がEAらしい都会的なエレガンスを感じさせもする。コレクションのランウェイではフューシャピンクのポロシャツをインに合わせていたけれど、ここはやはりデニムシャツをスタイリングしてワントーンでいきたい。着る人の個性も際立つセットアップスタイルが狙えそうだ」。

裏地は背抜きなので軽やかに着こなせる。イタリアンスタイルを踏襲しながらも、リラックスしたシェイプに仕上げているのはさすが。

デニムシャツの裾には、アイコンのロゴパッチ付き。シャツ¥41,800/エンポリオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン)

PICK-UP ITEM: 5
JERSEY SET-UP

「リモートワークにも
使えるギミックアイテム」

ブレザー¥113,300、Tシャツ¥17,600、パンツ¥55,000、シューズ¥61,600/以上エンポリオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン)、他私物

「トップスは、ブレザーとジップアップブルゾンを二枚重ねているように見えて、実はワンアイテムというフェイクな一着。着ぶくれや袖を重ねた際の違和感などが全くないのが快適で、裏地もないので軽やかに着こなせるのもいい。ジャージ素材なので着心地も良く、他のルック同様、こちらもセットアップで着こなすことを大いにオススメしたい。普段使いはもちろん、今後もまだまだ続きそうなコロナ禍でのリモートワークにも最適かと」。

PICK-UP ITEM: 6
GRAPHIC SWEAT

「いつものスタイルに
アートな刺激をプラス」

フーディ¥84,700、ハーフパンツ¥75,900/以上エンポリオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン)

「フーディとショートパンツのセットアップも、無地だけじゃつまらないと思う今日このごろ。いつものスタイルをアップグレードしたい気分なら、インパクトのあるグラフィックがプリントされたこんなセットアップはいかがだろう。宇宙をテーマに描かれたグラフィックは、SURREALというラインのアイテムで、ブラッシュドフリースの表地にラバープリントを施したもの。リアルなタッチながら、モノトーンで抑制が効いているのもいい」。