今やこのブランドのイメージはこちら! 男のブラックアメカジ「クライミー」

photography by JUNJI HIROSE
styling by RYO KURODA
hair & make-up by MAKOTO ( juice)
text by MASAFUMI YASUOKA

今年のアウターは何を手に入れようか。折しも、武骨なアメカジが再燃している。ならば、気になるのは「クライミー」のブラックアメカジ。ここの黒は、今シーズンも相変わらずオトコらしい。

スポーティにしてタフ
作りの良さも楽しめる

ジャケット¥88,000、Tシャツ¥8,800、パンツ¥19,800/以上クライミー(クライミー 六本木ヒルズ店 パワード バイガーデントーキョー)

本来スポーティなアイテムであるアワードジャケット。それがオール黒でとなれば、印象は一変。オトコらしさ溢れる1着へと生まれ変わる。それも「クライミー」となれば、厚手のメルトンにダイヤ柄キルトを配したキップレザーと、そのスペックも実にタフ。さらに、ポケット口のレザーパイピングといった細部が、質の高さも主張する。

レザーの魅力とともに
軽さとあたたかさを両立

ジャケット¥143,000、ハイネックTシャツ¥12,100、レザーストレッチパンツ¥99,000、ベルト¥15,400/以上クライミー(クライミー 六本木ヒルズ店 パワード バイガーデントーキョー)

見るからに防寒性の高そうなこの1着。ダイヤモンド柄のキルトステッチを施すのは、上質なラムレザー。その中にはグースダウンを封入し、武骨さと保温性を両立する。レザーならではの鈍い光沢が見た目には重厚感を主張するが、実際には意外にも軽くやわらか。もちろん、あくまでレザーとあって、着込むほどに味深さを楽しめるが。

これを着て武骨に見えない
オトコはオトコじゃない

ジャケット¥99,000、クルーネックスエット¥22,000、パンツ¥28,600、サングラス¥14,080/以上クライミー(クライミー 六本木ヒルズ店パワード バイガーデントーキョー)

ミリタリーアウターの中でも、特にバイカーから支持を集めるN-1デッキジャケット。その名の通り甲板上での作業着となるだけに、そのスペックはタフ。「クライミー」においても、編み目をぎっしりと詰めたコットン製の度詰め生地、やわらかくも強度のあるキップレザー、保温性の高いアルパカボア裏地と、随所にミリタリーらしい仕様が。

重さと軽さのバランス
その塩梅に巧みさが表れる

ブルゾン¥99,000、ジャージジャケット¥24,200、ジャージパンツ¥23,100/以上クライミー(クライミー 六本木ヒルズ店 パワード バイガーデントーキョー)

確かに武骨ではあるけど、無闇にタフさに終始しているわけじゃない。それが「クライミー」のレザーが持つ魅力。このトラックジャケットでは、高品質なスペイン産のラムレザーを使う。一見するとその顔つきはタフだが、いざ袖を通すと着心地は軽くやわらか。立体的なパターンとともに、気負うことなくレザーの魅力を楽しませてくれる。