Get'em Off Downtown「ヒステリックグラマー」

photography by MARI AMITA
styling by SATOSHI MORIYA
hair & make-up by MASAKI TANIMORI (W)
text by HISAMI KOTAKEMORI

今また気分のアメカジはもちろん、ロックなアイテムもハズせない!アウトローな見た目だけでなくスペックをきっちり押さえているから、ヒステリックグラマーはスタイルのある大人に愛されるのだ。

レタードスタジャンには
旬のビーニーがハマる

ブルゾン¥99,000、パーカ¥37,400、パンツ¥29,700、シューズ¥26,400、ニットキャップ¥8,580/以上ヒステリックグラマー(ヒステリックグラマー)

フロントにUSA国旗柄Hシニールワッペン、背面にはヒステリックガールの刺繍が大胆にあしらわれたスタジャン。ヴィンテージ調のライトメルトンボディにラムレザー袖で、大人のアイテムに。ヘヴィウエイトのリバースウィーブフーディとブルージーンズ&ローテクスニーカーに合わせる王道アメカジコーデは、ワッペン付きビーニーで今っぽさをプラス。

総柄ブルゾンはゆるい
デッキパンツが好相性

ブルゾン¥59,400、Tシャツ¥13,200/ともにメッサー・チャップス×ヒステリックグラマー、パンツ¥26,400、シューズ¥24,200/以上ヒステリックグラマー(ヒステリックグラマー)

ヒステリックグラマーの90年代後期のステッカーモチーフ総柄が新鮮。軽くて暖かい機能綿としてお馴染みのプリマロフトを入れたフーデッドブルゾンに、綿麻デニムのデッキパンツをコーディネート。中にMESSER CHUPSのバンドTシャツ1枚でも、十分暖かくて快適だ。総柄アウターからスニーカーまで、黒ベースでまとめれば、柄×柄コーデも簡単。

黒コーデをベロアTと
ボアコートでアップデート

コート¥154,000、スエット¥22,000、パンツ¥29,700/以上ヒステリックグラマー(ヒステリックグラマー)

全身黒でグラフィックも控えめなスタイルは、素材感で更新するのがお洒落通のセオリー。ウールパイルのジャカードコートは、歴史ある工場で旧式の機械にコンピュータ機能を加えて昔ながらの優しい風合いを実現。ボリューミーなルックスに反して、軽くて暖かいストレスフリーの着心地に。プリント部分を切り替えたパイルスエットで黒を立体的に見せて。

レオパードカーデに
チェックでグランジ風に

カーディガン¥37,400、シャツ¥35, 200、パンツ¥30,800、シューズ¥24,200/以上ヒステリックグラマー(ヒステリックグラマー)

アルパカ混のニットカーディガンを起毛加工して、フェイクファーのようにシャギーに仕上げた。軽くてしなやかで暖かいと、3拍子揃った完売予報の注目アイテム。両胸にポケット付きのエンジニアシャツはヴィンテージ調のレーヨンチェック。2つの象徴的な柄を重ね、色落ち加工のストレッチブラックスリムを合わせてグランジムードの着こなしに。

ファーライナー付きの
マルチなコートが相棒

コート¥242,000、スエット¥22,000、パンツ¥32,780、シューズ¥26,400/以上ヒステリックグラマー(ヒステリックグラマー)

ヴィンテージのM-65を解体して生地感、縫製など緻密に再現したコート。フードの代わりにラクーン襟、ライナーもナイロンでなくラビットファーを採用し、それぞれ取り外してネックウォーマー、ファーコートとして活用できる優れモノ。刺繍ロゴのスウェットとブーツカットジーンズのコーディネートに、赤いスニーカーで古着アメカジ風のアクセントを。

レオパード×スネークが
ロック気分を盛り上げる

ブルゾン¥54,780、シャツ¥48,400/ともにジィ ヒステリック トリプルエックス、パンツ¥21,780、ネックウォーマー¥11,000、シューズ¥39,600/以上ヒステリックグラマー(ヒステリックグラマー)

胸と同じガールロゴをバックにも大きくプリント。ロックなレオパ柄ブルゾンは、実は90'sのアウトドドアジャケットをトレースしたハイスペックアウター。プリマロフトを中綿に使用し、裾はスピンドルコードで絞れる仕様に。スネークループ柄シャツとセンタークリース入りのイージースラックス、襟元にロゴ入りネックウォーマーでパンクに着こなしたい。