• twitter
  • facebook
  • insta

WHITE BOOTS x StopLight x SENSEコラボ

menu

SHOP

INFO

SENSE編集長 守屋聡
twitter facebook insta
SENSE OFFICIAL
twitter facebook insta
White`s Boot x StopLight x SENSE。SENSEコラボ第一弾、いよいよ完成!

ファン垂涎! 男仕様のリングブーツが堂々登場

大変長らくお待たせしました! 本誌と「ホワイツ」の別注プロジェクトがスタートしたのが
昨年の12月号。アメリカを代表するキング・オブ・ブーツが相手なだけに、パートナー選びから、
別注内容の打合せまで多岐に及んだのは言うまでもありません。そんな経緯は後述するとして、
待望の第一弾がいよいよ完成しました! 詳細は次項からチェックして下さい!

エンジニアともまた違う
最高のバイカーズブーツ

本別注プロジェクトをスタートした際、 まずコンタクトを取ったのは「ストップライト」主宰の高山 隆氏でした。
以前の誌面でも説明をしましたが、改めて説明すると、 90年代に“渋カジ”と呼ばれたハードバイカーなスタイルを作った御大が高山氏なのです。
ナイフポケットの付いたレッドウィングのエンジニア、 リーバイスの646、そこにゴローズを付けたスタイルは多くの フォロワーを生み出し、社会現象にまでなったほど。
そして現在は故ガボール・ナギー氏と双璧を成すとも称される シルバースミスとして、その名を日本を始めアジア全土にまで 轟かせているのです。と、前置きが長くなりましたが、 そんな御大と本誌北原は兼ねてより親交のある先輩後輩の間柄。
企画スタートの段階からアイデアが湧き出てきたのは言うに及ばず。
そんな二人のセッションで出た一つの答えが、 “リングブーツ”だったのです。

そもそも、ホワイツのブーツってセミドレスやスモークジャンパーに 代表されるレースアップブーツが主流であり、どちらかと言うとプルオンタイプの ブーツのイメージはそんな強くは無いワケで。
そこを逆手に取ったアイデアで、市場に無い物を一から作ろう!となったのがこちら別注。
すぐさま日本の総代理店であるエービーシーマート社のクリエイティブディレクター菊池氏に相談を持ちかけました。
正直難しいかもなぁと半信半疑で相談したところ、意外にも「面白いからやってみましょう!」と快諾頂き、 あれよあれよという間にサンプル作成がキックオフしたのが事の始まり。ラスト(木型)の作成、シャフトの太さ、 トゥの形状、各パーツに至るまで細かな調整を何度も繰り返し、 ハードなだけじゃない新たなブーツ作りは佳境を迎え、最終サンプルが手元に届いたのがつい先頃というワケです。
8月某日、高山氏の元へこの最終サンプルを見てもらいに伺った際、 「凄く良いじゃんこれ! そう、こんな風にタイトなシャフトがカッコ良いんだよ!」 と絶賛頂き、「ちょっと待ってろ」とおもむろにシルバーパーツをその場で付け始めたから驚き! 「スカルって骨だろ? だから敢えて白のパーツのまま付けたんだ。
これって俺のブランドでしか成立しないアイデア。
履き込めばシルバーも徐々に擦れて銀面が出てくる、ブーツと一緒に経年変化を楽しんで 欲しいからさ」と粋な計らいも加わり、最強仕様でここに完成をみたのです。

渋カジを作った
男たちの息吹を注入!

  • ストップライトの象徴モチーフ、それが一つ目スカル。
    「的を絞っていきろ!」という高山氏のメッセージを具
    現化したアイコンは、シャフト中央にはインレイで、
    トップストラップ下には白のままのシルバーパーツを
    装着することで、唯一無二のオリジナルなデザインに!
    ※画像はサンプルです。

  • 高山氏からの発案で「このブーツを購入してくれた人のために、
    Tシャツと缶バッヂをプレゼントするよ」と嬉しいサプライズも!
    因みにTシャツのフロントには北原のアイデアもプリントされた
    スペシャルデザインとなる予定です。乞うご期待!
    ※画像はサンプルです。

スペシャルモデルが手に入る!

BSM/STUMPTOWNのみの受注発売

待望の完成を見た本モデルですが、完全数量限定でいよいよ今秋販売をスタートします! 購入方法は「ザ・ブラックセンス・マーケット」と
「スタンプタウン渋谷店」でのオーダー分のみ、とさせて頂きます。購入に関する詳細はページ下部のバナーからチェックを。




pagetop